失敗しない!自分たちにあった結婚式場の見つけ方!

いろんな式場にデート気分で足を運んでみよう!

結婚式は一生に一度。思い出深い結婚式にしたい、でも金額は押さえたいなぁと思うものですよね。そこで、結婚情報誌やアプリで紹介されている式場のウェディングフェアに足を運んでみましょう。間接的に見るだけでなく実際に足を運ぶことで、料理を試食したり、会場のお抱えのドレスの種類を確認したり、会場の大きさ、雰囲気など感じることができます。ポイントはデート感覚で二人で行くことです。男性にも、会場を感じてもらい、実際に大体でも二人の考えている結婚式プランを見積もりしてもらうことで、これだけ貯金すればいいのかと実感してもらうことができます。また、最低5件ほど、和式、洋式、ゲストハウス、ホテルなど様々な形式の式場を見学しましょう。意外なところが、割安でサービス豊富に結婚式を挙げられることがあります。

見積もりは一つの式場で何種類か見積もってもらおう!

各式場で見積もりを取ってもらうことはとても大切です。しかし一つの式場でも、プラン適用や人数、オプションサービスなどつけたものなど、希望をできる限り伝え、何種類か見積もりを立ててもらいましょう。わがままを詰め込んだ最大の金額と式場での最低価格を比較し、どこが妥協できるか、手作りなど節約できるかの参考になります。また人数によっても値段が変わるので、ありえる人数の最小と最大の人数を出してもらいましょう。人数を伝えるうえで、式場の最大人数も聞いておきましょう。予想外に職場の人を呼ばなければいけなくなった場合に対応できない式場では大変です。

担当スタッフが自分たちに合うか考えよう!

ウエディングフェアで担当してくれたスタッフは、たいていその後そこで式を挙げる場合、式を挙げるまでの担当になります。多少頼りなくても、自分たちに合うか、強引に話を進めてこないか、話を聞いてくれるか、要望を伝えやすいかなど、担当スタッフをよく見極めましょう。のちに担当スタッフを変えてもらうのは大変なことです。また担当スタッフ以外の対応は丁寧かなど観察しましょう。スタッフ全体が丁寧であれば実際に式を挙げた時にゲストを不快な思いをさせる可能性を減らすことができます。

高崎の結婚式場で、プール付きのお庭がある結婚式場があります。一軒家を貸し切り、ロマンチックなムードで盛り上げます。